体育会系

バドミントン経験を活かした自己PR!企業にアピールすべきポイントと例文をご紹介【まとめ方フレームワーク付き】

本記事でわかること

  • バドミントン経験を活かした自己PRの作成方法
  • バドミントン経験を活用した自己PR例
  • バドミントン経験でアピールすべきポイント

 

本記事をご覧の方は「バドミントンを学生時代に取り組んできた」という方がほとんどかと思います。

 

結論、バドミントン経験をうまくアピールすれば、就活を有利に進めることが可能です。

 

この記事をご覧の方は、

  • バドミントン経験を活かした自己PRを作成したい
  • バドミントン経験を自己PRで使った例文を知りたい
  • バドミントン経験でアピールすべきポイントを知りたい

といった、目的を持っているのではないでしょうか。

 

今回はバドミントン経験を使った自己PRでアピールすべきポイントや文章の作成方法についてまとめます。

 

簡単に文章をまとめられるES作成のフレームワークもご準備しておりますのでご参考ください。

 

 

体育会系内定者の自己PR・ガクチカ集をプレゼント!

 

 

自己PRで面接官がみるポイント

(出典:リクルートキャリア)

企業が採用基準で重要視している項目(TOP3) 学生が面接等でアピールする項目(TOP3)
1.人柄
2.自社/その企業への熱意
3.今後の可能性
1.人柄
2.アルバイト経験
3.所属クラブ・サークル

あなたは、企業の採用基準で重要視しているポイントをご存知でしょうか。

 

上記はリクルートキャリアが企業が採用基準で重要視している項目と学生が面接でアピールする項目を比較したグラフです。

 

企業は採用において「人柄や熱意、ポテンシャル」を見ているのに対し、学生は「経験内容(アルバイト・サークル等)」をアピールしてしまっている傾向が読み取れますね。

 

以下からは企業の採用基準を項目ごとに詳しくご説明いたします。

 

自己PRでアピールすべきポイントは「経験内容」ではなく「人柄や熱意、ポテンシャル」であることをおさえておきましょう!
フジイ

 

ポイント①人柄

「人柄」は自社とのマッチング度を見るためにも必ず評価されるポイントの1つです。

 

「全国制覇」を目指す部活に「初戦突破」を目標にする学生は誰が考えても馴染めないてますよね。

 

企業・学生双方にとってミスマッチのない採用にするためにも、「人柄」は採用基準において何よりも重要視されるポイントとなります。

 

ポイント②自社/その企業への熱意

自社/その企業への熱意も採用において重要視をされるポイントです。

 

「全国大会で優勝を果たすこと」を目標にしているチームに、遊びでバドミントンをしたい人を入部させる訳にはいかないですよね。

 

「入社への熱い思い」や「入社後に挑戦をしたいこと」などを考えた上で自己PRに臨むようにしましょう。

 

ポイント③今後の可能性(ポテンシャル)

新卒採用は、学生の未来の成長に投資をするポテンシャル採用と言われています。

 

最初は一部の技術しかなくとも「磨けば光る原石」なら時間をかけてでも指導をする甲斐があるはずです。

 

「企業への貢献方法」や「入社後に挑戦したいこと」を伝えて、あなたの今後の可能性を示しましょう。

 

自己PRでバドミントン経験を利用するメリット・デメリット

メリット デメリット
1.体育会系を優遇して採用いる企業がある
2.継続力の高さが連想できる
3.高い目的達成意欲をアピールできる
1.体育会系のエピソードは多くの学生が活用をする

バドミントン経験を活かした自己PRを行うことで上記のようなメリット・デメリットがあります。

 

では、順番に詳しくメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

自己PRでバドミントン経験を利用するメリット

 体育会系を優遇して採用いる企業がある

バドミントン経験を自己PRで活用することで、体育会系の学生を優遇して採用している企業の目に留まりやすくなります。

 

企業の多くは、部活の中で培われる「礼儀作法」や「ストイックさ」「忍耐力」などを高く評価。特別な選考ルートの案内や体育会系に限定して採用をしている企業も存在します。

 

体育会系・アスリートを優遇して採用している企業と出会うには「アスリートエージェント」や「スポナビ」「アスプラ」などのサービスを上手く活用すると良いでしょう。

 

 

 継続力をアピールしやすい

バドミントンを長年にわたり取り組んできた方は「継続力」をアピールすると良いでしょう。

 

企業は、経営基盤の安定やノウハウの蓄積のためにも長く勤めてくれる人を採用したがるものです。

 

バドミントンを通した継続力の高さは「長年弊社でも勤めてくれそう!」という安心感に繋がることでしょう。

 

 高い目標達成意欲をアピールできる

「全国大会に出場したい」「公式戦で勝利を納めたい」など、バドミントンをする上で必ず何かしらの目標を持っていた人も多いのではないでしょうか。

 

「目標を達成する」という高い意識は、社会人においても大変重要となります。

 

目標に対して取り組んだ経験を「目標達成のための工夫」「仲間を巻き込んだ方法」などの観点から深掘りをして、自己PRを作成してみましょう。

 

自己PRでバドミントン経験を利用するデメリット

 体育会系のエピソードは多くの学生が利用をする

体育会系の経験は、多くの就活生が利用をするエピソードです。

 

エントリー数の多い大会に出場するのと同様、就活を勝ち抜くには「個性」を活かす必要があります。

 

バドミントン経験を自己PRで活用をする際は、「経験内容」ではなく、あなた自身の「強み」や「個性」を表現できる文章を目指しましょう。

 

バトミントン経験を活用して自己PRでアピールすべきポイント例

自己PRでバドミントン経験を活かすためにおすすめのアピールポイントは以下の通り。

 

アピールポイント例

  • ポイント1.リーダーシップ
  • ポイント2. 目標達成意欲(継続性)
  • ポイント3.ハングリー精神

 

順番にアピールすべきポイントの詳細と実際の内定者のESをご紹介いたします。

 

ポイント1.リーダーシップ

どんな企業においてもチーム・組織を引っ張っていける「リーダーシップ」を持った人材は重宝されます。

 

バドミントン部で部長などの役職に就いていた人はもちろん、役職がなくとも周りを引っ張って何かを成し遂げた経験のある方はリーダーシップをアピールすると良いでしょう。

 

リーダーシップをアピールする際は「周りをいかに巻き込むための工夫」「リーダーをする上で注意した点」などを振り返りながら文章をまとめるようにしましょう。

 

【例文】

私の強みは部活で培ったリーダーシップです。
高校時代に所属をしたバドミントン部では、団体での全国大会出場を目標に30人の部員をまとめる部長を務めました。

団体での全国大会出場を目指す上で、個人で戦うことの多いバドミントンでは、チーム全体の一体感を持つことが難しく課題感を感じていました。

そこでチームの一体感を醸成するためにも以下の取り組みを行いました。

・部員同士のコミュニケーションの架け橋となり学年を超えた一体感を出す
・部員同士が時間を共有できるイベントを企画

上記に取り組むことで、部全体のコミュニケーションの活性化を図り、学年を超えた繋がりを生むことに注力をいたしました。

その結果、チーム全体で一体感持ちながら団体での全国大会への出場を果たすことができました。

貴社に入社後も持ち前のリーダーシップを活かして貢献をいたします。

 

ポイント2. 目標達成意欲(継続性)

「大会で優勝をしたい」「団体戦で全国出場をしたい」など、バドミントンをする上で目標を持って日々の活動に取り組んできた方も多いのではないでしょうか。

 

社会人でも同様に、会社として行うミッションや個人として追う営業目標など、様々な目標・目的の達成を目指すことになります。

 

バドミントンを通して、1つの目標達成に向けて取り組んできた経験は、自己PRにおいても高く評価してもらうことが可能です。

 

目標達成に向けて「工夫して取り組んだこと」や「周りを巻き込んだ方法」といった点などを深堀して文章をまとめてみると良いでしょう。

 

【例文】

私の強みはバドミントンを通して培った高い目標達成意欲です。

私は高校でバトミントン部に所属していました。部員数が20名いる中、全くの未経験で入部をしたのは私のみであり大会に出場しても1回戦負けが当たり前のような状況でした。

しかし、負けず嫌いの私は「3年生になった時の大会では県でベスト4までに入る」ことを目標に日々のトレーニングに励むことにしました。

未経験からのスタートだったということもあり、まずは試合形式でのトレーニングを数多く積むことが重要と考えた私は、チームメイトを誘い練習後に自主練習に付き合っていただきました。試合形式でのトレーニングを多くのチームメイトと積むことで、様々な角度からのアドバイスや知見をいただき、自身のプレーに取り入れることができました。

その結果、3年生の最後の大会では、県でベスト4にまで残ることができ、表彰台にまで上がることができました。

貴社に入社後も持ち前の高い目標達成意欲と負けず嫌いの性格を活かして、営業として高い成績を残して参ります。

 

ポイント3.ハングリー精神

「誰にも負けたくない」「ここで諦めたくない」というハングリー精神も社会人として必要とされるスキルの1つです。

 

持ち前のハングリー精神を活かして、社内においても先輩に食らいついていける、お客様の期待に常に答えていける、そんな人材を企業は求めています。

 

バドミントンで培ったハングリー精神を社会人としても活かせることをアピールしましょう。

 

【例文】

私の強みは「誰にも負けたくない」というハングリー精神です。

私は高校時代、バドミントン部に所属をしていました。「全国大会の出場」を目標にしていたのですが、2年の終わりに足に大きな怪我をしてしまいました。

しかし「怪我を言い訳に目標を諦めたくない」という思いより、怪我でもできることを続けました。

足の怪我に響かない範囲の体幹のトレーニングや体の可動域を広げるための柔軟トレーニングなど、独自で学びながら調整を続けました。

その結果、以前よりも体の扱いがうまくできるようになり、3年の最後の大会では全国大会への出場を果たしました。

貴社に入社後も持ち前のハングリー精神を活かし、活躍をしてまいります。

 

バトミントン経験を自己PRとしてまとめるフレームワーク

本章では実際にバドミントン経験を自己PRとしてまとめるためのフレームワークをご紹介いたします。

 

フレームワーク

  • 結論(私の強み)
  • 
課題(証明する経験、その中でも目標・課題)
  • 
解決策(課題・目標とどのように解決・達成したか)

  • 学び・結果(経験からの教訓とその結果)

  • アピール(入社後の貢献方法)

 

ES選考で通過をしやすい自己PRは上記のようなフレームワークを利用して作られているものがほとんどです。

 

フレームワークを活用することで情報の整理や文章を論理的にまとめやすくなるなどメリットも豊富。

以下の文章もこのフレームワークを利用して作成をされたものです。

 

【フレームワーク例文】

結論

私の強みはバドミントンを通して培った高い目標達成意欲です。

課題

私は高校でバトミントン部に所属していました。部員数が20名いる中、全くの未経験で入部をしたのは私のみであり大会に出場しても1回戦負けが当たり前のような状況でした。

しかし、負けず嫌いの私は「3年生になった時の大会では県でベスト4までに入る」ことを目標に日々のトレーニングに励むことにしました。

解決策

未経験からのスタートだったということもあり、まずは試合形式でのトレーニングを数多く積むことが重要と考えた私は、チームメイトを誘い練習後に自主練習に付き合っていただきました。試合形式でのトレーニングを多くのチームメイトと積むことで、様々な角度からのアドバイスや知見をいただき、自身のプレーに取り入れることができました。

結果

その結果、3年生の最後の大会では、県でベスト4にまで残ることができ、表彰台にまで上がることができました。

アピール

貴社に入社後も持ち前の高い目標達成意欲と負けず嫌いの性格を活かして、営業として高い成績を残して参ります。

 

順番に各フレームごとのポイントや文章にまとめる際に活用できる例文をご紹介いたします。

 

結論(私の強み)

自己PRを作成する際は、必ず結論となる強みから述べることが基本です。

 

結論から述べることで、内容のテーマが採用担当に伝わりやすくなり印象に残りやすい文章となります。

 

例文

私の強みは〇〇です。

 

課題(証明する経験、目標・課題)

経験・エピソードを1つ上げ、活動の中での目標や課題について述べましょう。

 

例文

私は〇〇の活動をしていました。〇〇を成し遂げることを目標に活動をしていましたが、〇〇という課題がありました。

 

解決策(課題・目標とどのように解決・達成したか)

目標や課題の解決策「どう乗り越えたのか・達成したのか」について述べるようにしましょう。

 

例文

課題を解決するために〇〇に取り組みました。

 

学び・結果(経験からの教訓とその結果)

何を学んだのか、どんな結果を得たのかについて述べましょう。

 

例文

この結果〇〇を達成することができました。(この経験より〇〇を学びました)

 

アピール(入社後の貢献方法)

最後に企業への貢献方法について述べるようにしましょう。

最後に改めてあなたの強みや入社後に挑戦したいことをアピールすると良いでしょう。

 

例文

貴社に入社後は、〇〇を活かし営業で貢献していきたいと考えております。

 

自己PRが完成したらプロのES添削を受けることがおすすめ!

【公式サイト】https://www.a-cial.com/

 

アスリートエージェントはプロの就活アドバイザーの支援のもと、ES添削や面接対策、あなたにあった企業の紹介等が受けられるサービスです。

 

【こんな人におすすめ】

  • バドミントン経験を就活で活かしたい
  • バドミントン経験を利用した自己PRを作成したい
  • バドミントン経験者を優遇して採用している企業と出会いたい

 

体育会系の学生の支援数は業界No.1。内定獲得率は86%と驚異的な数値を誇っております。

 

もちろん学生は無料で利用ができるサービスとなりますので、自己PRの添削を受けたい方は、気軽に利用をしてみると良いでしょう!

 

\最短2週間での内定獲得が可能/

アスリートエージェントはこちら(公式サイト)

 

 

【当サイト限定】部活経験を活かした内定者のES集をプレゼント

-体育会系
-,

© 2021 就活推進部 Powered by AFFINGER5