ナビサイト

新卒でIT業界に就職したい学生へ!IT業界に特化した就活サイト6選【非公開求人・特別選考ルートあり】

本記事でわかること

  • IT業界に就職をしたい就活生がおさえておくべき知識を得られる
  • IT業界に就職をしたい学生の支援に特化したサービスを知れる
  • IT業界に特化したサービスで限定求人や特別選考の情報をキャッチできるようになる

「プログラミング未経験者でもIT企業に勤められる?」「自分のスキルや価値観にあった企業が分からない」など、「IT業界に新卒で入社をしたい!」と考えつつも、就活の進め方で悩んでいる学生も多いのではないでしょうか。

この記事をご覧の方は、

  • IT業界に入社するために必要な知識は?
  • プログラミング未経験者でもエンジニア・プログラマーにはなれるの?
  • IT業界に入社するために有効な就活ツールは?

といった、

疑問を持っているのではないでしょうか。

今回は、IT業界に新卒で入社をしたい学生向けに最低限必要な知識と活用すべき就活サイト6選についてご紹介をします

プログラミング未経験者から実務経験者まで、幅広く活用できるサービスをご紹介しておりますのでご参考ください。

新卒の就活生が知るべきIT業界の基礎概要

ITとは、“Information Technology”(インフォメーションテクノロジー)の略称です。

直訳すると「情報技術」であり、コンピューターやデータ通信などに関する技術の総称となります。

IT業界は、大きく分類をすると4つに分けることができます。

  • インターネット・WEB業界
  • 情報処理・情報通信サービス業界
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界

上記4つの詳細と代表的な企業を紹介していきます。

 

インターネット・WEB業界

インターネット・WEB業界には、B to B向けとなるネットワークの構築やWebサイトの作成などを提供する企業から、B to C向けとなるSNS、ポータルサイトなどを提供する企業まで様々な企業が含まれます。

インターネット・WEB業界には、大きく分けて5つのサービスがあるといわれています。

 

 ポータルサイト

ポータルサイトとは、インターネットの入り口となるサービスです。

ニュースの閲覧やショッピング、分からないことの検索など、ユーザーが知りたい様々な情報をまとめたWebサイトになります。

企業例

  • Google
  • Yahoo!JAPAN
  • goo など…

 

 SNS

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、インターネットを通して、情報の交換や人間関係の構築を行えるサービスです。

企業例

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE など…

 

 Eコマース

Eコマースは、オンライン上で様々なサービスの売買ができるサービスです。近年では、B2B、B2Cに限らず、個人間で取引がされるC2CのEコマースサイトも発展をしております。

企業例

  • Amazon
  • 楽天
  • メルカリ など…

 

 Web広告

web広告は、インターネット上に存在する広告枠を持つ媒体に掲載される広告を指します。

「リスティング広告」や「SNS広告」「アドネットワーク広告」など、Web上では、様々な広告の取り扱いが行われています。

企業例

  • サイバーエージェント
  • オプト
  • アドウェイズ など…

 

 キュレーションサイト

キュレーションサイトとは、ユーザーに必要な情報を収集し、まとめたサイトです。

企業例

  • SmartNews
  • NewsPicks
  • グノシー など…

 

情報処理・情報通信サービス業界

 情報処理サービス業界

情報処理サービス業界は、あらゆる業界や企業の業務を円滑に進めるための独自システムの企画から運用までを請け負う業界を指します。

一般的に「SIer(システムインテグレータ)」と呼ばれる業界です。

企業例

  • NTTデータ
  • 富士通
  • 日立 など…

 

 情報通信サービス業界

情報通信サービス業界は、固定通信・移動通信の2つに分類をされます。

固定通信は、固定電話やIP電話など固定された環境での通信サービスです。移動通信は、携帯電話のような通信サービスを指します。

企業例

  • NTT
  • KDDI
  • SoftBank など…

 

ソフトウェア業界

ソフトウェアとは、コンピュター上で様々な情報処理を行うプログラムを指します。

基本ソフトウェアのOS(オペレーションシステム)やアプリケーションソフトウェアなどの開発のみならず、様々な技術者が活躍する業界になります。

企業例

  • サイボウズ
  • マイクロソフト
  • 日本オラクル など…

 

ハードウェア業界

ハードウェアは、システムの物理的な構成要素を指し、日本語では「機械、装置、設備」を指します。

企業例

  • Apple
  • NEC
  • SONY など…

 

新卒が知っておくべきIT業界の職種|平均年収も解説

IT業界の職種は大きく分けて4つに分類することができます。

  • エンジニア系IT職種
  • 営業・コンサル系IT職種
  • マネジメント系IT職種
  • マーケティング系IT職種

上記4つの詳細を順番に紹介していきます。

IT業界は職種によって平均年収も大きく変わりますので、ご参考ください。

 

エンジニア系IT職種

エンジニア系のIT職種は、ITに関する技術職でシステムエンジニアやプログラマーなど、さらに10種類程度に分類することができます。

エンジニア職の分類

1.システムエンジニア
2.プログラマー
3.インフラエンジニア
4.ネットワークエンジニア
5.Webエンジニア
6.サーバーエンジニア
7.フロントエンドエンジニア
8.データベースエンジニア
9.制御・組み込みエンジニア
10.IoTエンジニア など…

ここでは、新卒がおさえておくべき「システムエンジニア」と「プログラマー」についてのみご紹介をします。

 

 システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントの意向に沿ったシステムを設計する業務を担います。

実際にシステムを作成するのは、プログラマーの仕事になるため、システムエンジニは「設計図」を作成する人と理解をしておきましょう。

平均年収

システムエンジニアの平均年収は550.8万円です。(参考:賃金構造基本統計調査(平成29年)

フリーランスとして独立を果たし、より高額な年収を得ている方も多くいる職種となります。

 

 プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアが制作をした「設計図」をもとに、プログラミングを行い機能を実装する業務を行います。

使用するプログラミング言語によって、「アプリケーションプログラマー」や「Webプログラマー」など細分化した職種で呼ばれることもあります。

平均年収

プログラマーの平均年収は414.6万円です。(参考:賃金構造基本統計調査(平成29年)

取り扱いのできる言語やスキルによって大きく年収は変動をします。

 

営業・コンサルタント系IT職種

IT知識を活かして、企業へIT技術の導入支援や提案を行う「営業・コンサルタント系IT職種」は、多くの企業で新卒募集を行っています。

 

 ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業や個人が抱える様々な業務課題に対して、ITソリューションを提案する業務を行う人を指します。

ITに関する幅広い知識が必要とされることはもちろんのこと、クライアントの課題を解決できる提案力が必要とされる職種となります。

平均年収

ITコンサルタントの平均年収は653万円です。(参考:転職会議(2018年10月調査)

 

 セールスエンジニア

セールスエンジニアは、クライアント先への訪問に同行し、ITサービスの導入を企画・提案まで行う人を指します。

交渉〜導入まで1人で行う場合や、基本的な交渉は営業担当・技術面はセールスエンジニアと業務を分けて行っている企業もあります。

平均年収

セールスエンジニアの平均年収は522万円です。(参考:求人ボックス

 

マネジメント系IT職種

新規プロジェクトの提案やメンバーの選定・指揮管理などを中心に行う「マネジメント系IT職種」。

技術者として経験を積み、プロジェクトの進捗に必要な知識や広い視点が必要となる職種となります。

 

 プロジェクトマネージャー

予算設定やメンバー選定、スケジュール、進捗管理など、プロジェクトの全体管理を行う職種になります。

現場環境の改善や、リスクマネジメントなど社内外共にコミュニケーションが必要となる「管理職」となります。

 

 プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーの指揮のもと、開発現場の管理を行う「プロジェクトリーダー」。

管理業務だけでなく、システムエンジニアと共に開発業務を担うこともあります。

プロジェクトリーダーは、技術力やマネジメント能力を認められら人が担う管理職といえるでしょう。

平均年収

プロジェクトマネージャー(プロジェクトリーダー)の平均年収は610万円です。(参考:求人ボックス

実績を増やすほど年収が高まっていく傾向があります。

 

マーケティング系IT職種

Web運用や広告運用など、IT技術を活用して企業やサービスの認知・顧客獲得を担う「マーケティング系IT職種」。

マーケティング施策の結果をすべて数値で管理することができるため、キャリアチェンジも行いやすく、新卒の学生に人気の職種となっています。

平均年収

マーケティング系のIT職種の平均年収は496万円です。(参考:求人ボックス

 

新卒でIT業界に入社をしたい学生におすすめのサービス6選

新卒でIT業界に入社をしたい学生におすすめをする就活サイトは以下の6つです。

IT系企業の非公開求人業界に特化した就活イベントを開催しているサービスもあります。

IT業界に特化したサービスを活用して、就活を有利に進められるようにしてきましょう。

 

エンジニア就活

 エンジニア就活の評価

利用のしやすさ (5.0)
紹介企業の質 (5.0)
選考支援の質 (5.0)
総合評価 (5.0)

エンジニア就活公式サイト


 

エンジニア就活は、IT業界に特化した求人サイトです。

 

プログラミング未経験者でも応募が可能な求人もあるため、新卒でエンジニア・プログラマーを目指したい学生におすすめの求人サイトとなります。

 

 スキルレベルに合わせた求人検索が可能

エンジニア就活では、スキルレベルに合わせた求人検索を行うことが可能です。

 

未経験でもエンジニア職・プログラマー職を探すことができるため、IT業界に就職をしたい学生にはもってこいの求人サイトとなっています。

 

もちろんスキルレベルだけでなく、希望する就職エリアやなりたい将来像に合わせて企業を検索することも可能です。

 

 登録者限定の無料プログラミング研修等あり

エンジニア就活では、プログラミングが無料で体験できる研修会や採用コンサルタントによる就活サポートを登録者限定で提供中。

 

未経験・文系の方でもSEやプログラマーを目指せるように徹底したサポートを受けることができます。

 

プロフィールを充実させれば企業からスカウトを受けることもできるので、IT業界に就職を考えれる方は、まず登録をしておくべきサービスといえます。

 

定期的に研修や選考対策セミナーを開催をしているようなので、興味のある方はチェックをしておきましょう

 

 ITエンジニアに特化した就活支援サービス

エンジニア就活では、希望者を対象にIT業界に精通したプロのアドバイザーのサポート受けることができます。

最短2週間でIT業界での内定獲得が可能なので、早期に内定を獲得してプログラミング学習に時間を費やしたい方にもおすすめができるサービスです。

 

エンジニア就活公式サイト:

https://engineer-shukatu.jp/

 

レバテックルーキー

【公式サイト】https://rookie.levtech.jp/

総合評価:
利用のしやすさ:
求人の質:
サポートの質:
募集職種:ITエンジニア・プログラマー

 

レバテックルーキーは、株式会社レバテックが運営するIT業界に特化した就活エージェントです。

プログラミングを少し学んだ経験があり、IT業界に就職したい方向けのサービスとなっています。

 

 エンジニア業界に精通したアドバイザーのサポート

レバテックルーキーでは、エンジニア業界に精通したプロの就活アドバイザーのサポートを受けながら就活を進めることができます。

「自身のスキルではどのくらいの企業に行けるのか」「ITエンジニアになるための就活の進め方が分からない」など、新卒からITエンジニアを目指すには多くの悩みがつきものです。

でもレバテックルーキーを使えば、あなたに合った企業の紹介からES添削・ポートフォリオの作成まで、サポートを受けながら就活を進めることが可能になります。

 

 年間3,000以上の訪問を通して企業ニーズをキャッチ

レバテックルーキーでは、年間3,000以上の訪問を通して、紹介企業の求める人物像や技術要件などを細やかなヒアリングを行っています。

生の企業情報を常にキャッチしていることもあり、「自身のスキルや志向性に合った企業を紹介してくれる」と高い評判を得ています。

 

 有名企業からメガベンチャーまで幅広い紹介企業

上記はレバテックルーキーが紹介を行っている企業例です。

有名企業からミドルベンチャーまで幅広い企業の紹介を行っています。

求人サイトには掲載のない非公開求人の取り扱いもあるので、自身の知らない優良企業との出会いがあるかもしれませんね。

 

\有名企業・ミドルベンチャー志望なら/

レバテックルーキー公式サイト

 

 

IT求人ナビ

 IT求人ナビの評価

利用のしやすさ (4.0)
紹介企業の質 (5.0)
選考支援の質 (5.0)
総合評価 (4.5)

IT求人ナビ公式サイト

 

IT求人ナビは、株式会社アクロビジョンが運営するIT業界に特化した就活支援サービスです。

IT業界に特化した支援実績が13年と、安心感のあるサポートを受けることができます。

 

 プロの就活アドバイザーのサポートが受けられる

IT求人ナビを活用すれば、IT業界に精通したプロの就活アドバイザーのサポートを受けることができます。

面談を通して、就活相談や企業紹介、条件面の交渉等を行ってくださいます。

非公開求人の紹介等もありますので、サービスの活用をしてみましょう。

 

 優良企業の紹介

IT求人ナビを活用すれば、有名企業からベンチャー企業まで幅広い業界・企業の紹介を受けることができます。

あなたの志望する職種や経歴に合わせた企業紹介を受けることが可能。

もちろん未経験者でも就職が可能な案件もございます。

 

 入社後に教育研修を受けられる企業を紹介

IT求人ナビで紹介される企業は、入社後もしっかりとIT研修を受けられるような、整った体制のある企業ばかり。

最大3ヶ月程度のIT研修を受けられる企業もあり、入社後も新しい環境で、スキルアップをしながら就業をすることが可能です。

 

IT求人ナビ:

https://it-kyujin.jp/

https://it-kyujin.jp/

 

サポーターズ

【公式サイト】https://talent.supporterz.jp/

総合評価:
利用のしやすさ:
求人の質:
サポートの質:
募集職種:ITエンジニア・プログラマー・ITコンサルタントなど

 

サポーターズは、選考会や合同説明会の参加で就活支援金がもらえる、就活生の中でも話題のサービスです。

サポーターズ独自のイベントには、イケイケのIT系ベンチャー企業が多く参加をしています。

 

 IT系企業を中心とした合同説明会

サポーターズでは、年間を通してIT系ベンチャー企業を中心に集めた「合同説明会」を開催しています。

1回のイベントで4〜8社程度が参加していることが多く、一度に多くのIT系企業と出会うことが可能です。

 

 就活支援金を受け取りながら就活を進められる

サポーターズでは、一度のイベント参加で1,000円〜50,000円程度の就活支援金を受け取ることが可能です。

地方学生の交通費の補助として支援金が払われており、居住地とイベント開催地の距離によって支援金額が変動します。

交通費を理由に中々就活が進められなかった学生には嬉しいサービスですね。

 

 エンジニア限定1on1面談

サポーターズでは、エンジニア学生向けに人気企業の人事と1on1面談ができるイベントを開催しています。

有名企業からイケイケのベンチャー企業まで、様々な企業の人事と面談が可能なので、選考免除などの獲得チャンスとして利用することができます。

 

\就活支援金を受ける/

サポーターズ公式サイト

 

 

Career Select

【公式サイト】https://careerselect.jp/

総合評価:
利用のしやすさ:
求人の質:
サポートの質:
募集職種:ITエンジニア・プログラマー

 

Carrer Select(キャリアセレクト)は、IT業界に特化した逆求人イベントや合同説明会を開催しているサービスです。

 

 ITエンジニアに特化したイベントを多数開催

Carrer Selectでは、ITエンジニアに特化したイベントを通年を通して開催をしています。

逆求人イベントから合同説明会・相談会・勉強会まで・・・。

企業の人事やエンジニアが参加するイベントを毎月開催をしておりますので、IT業界で働きたい学生必見のサービスです。

 

 遠方から参加の学生には交通費の支給がある

Carrer Selectでは、遠方からのイベント参加者を対象に交通費の支給を行っています。

交通費を気にせず就活に臨めるのは、大変ありがたいですね。

 

 専属のアドバイザーの支援

Carrer Selectでは、専属のアドバイザーの支援のもと、就活を進めることができます。

IT業界に精通したアドバイザーから企業紹介や選考対策を受けることができるおすすめのサービスです。

 

\IT業界に特化したイベントなら/

Career Select公式サイト

 

paiza

【公式サイト】https://paiza.jp/student

総合評価:
利用のしやすさ:
求人の質:
サポートの質:
募集職種:ITエンジニア・プログラマー

 

paiza(バイザ)は、技術力や制作物で企業にアピールができるITエンジニア・プログラマーに特化したサービスです。

ESを書く変わりに、コードを書いて自己PRをしてみませんか。

 

 技術力を活かした就活を行うことが可能

paizaは、自身のプログラミングスキルや技術的な成果物をもとに就活が進められるサービスです。

サイト内のスキルチェックを受けることで、あなたのスキルがランク化されます。

ランクに応じて、特別選考の案内や企業からのスカウトを受けることができるので、自身の力試しのためにも活用をしてみましょう。

 

 有名企業からのスカウトのチャンスが

paizaを利用すれば、国内の有名企業からスカウトが届く可能性があります。

求人企業は、すべてITエンジニア・プログラマーを採用したい企業なので、職種のミスマッチが起こることもありません。

ITエンジニア・プログラマーとして就職をしたい方には、必須のサービスとなっています。

 

\ES書かずにコードを書こう/

paiza公式サイト

 

新卒が知っておくべきIT業界の将来性

ここでは、「IT業界に今後の将来性があるのか」について解説をいたします。

結論、IT業界は今後の将来性がある業界の1つといえます。

  • 世界のトップ産業がIT業界に分類される
  • 様々な業界でIT需要が高まっている
  • IT人材の需要が急増している

その理由をより詳しくご紹介していきます。

 

世界のトップ産業がIT業界に分類される

IT業界の企業の多くは日本国内に留まらず、世界のトップ産業として活躍をしています。

以下は世界時価総額ランキングの上位10企業です。

1位 アップル
2位 マイクロソフト
3位 アマゾン・ドット・コム
4位 アルファベット(GOOG)
5位 テスラ
6位 アリババ・グループ
7位 フェイスブック
8位 アルファベット(GOOGL)
9位 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング
10位  JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

参考:Yahoo!JAPANファイナンス、米国株ランキング(2021年3月10日時点)

10位の「JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー」を除く、すべての企業がIT系の企業となっております。

IT業界は今後も国内外問わず市場が広がることが予見される、将来性の高い産業といえますね。

 

様々な業界でIT需要が高まっている

上記グラフは、1989年~2017年までの日本のICT投資額の推移です。

28年の間でICT投資額は2倍以上に増え、産業としても大きく成長をしていることが分かります。

また近年では、ソフトウェアへの投資額が大きくなり、今後もスキルを持ったエンジニア・プログラマーが様々な企業で必要とされることが読み取ることが可能です。

 

IT人材の需要が急増している

出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果 (経済産業省)

経済産業省の「IT人材の不足規模に関する予測」では、2030年に最大79万人、最低でも41万人のIT人材が日本で不足されることが予測されています。

ITエンジニアやプログラマーは今後も慢性的な人材不足が見込まれ、スキルを持つ人材の市場価値は上がり続けることは間違いないでしょう。

新卒からエンジニア・プログラマーとして働き、スキルを身につけておくことで、働き方の選択肢を広げていきましょう。

 

【まとめ】新卒でIT企業に入社して自身の市場価値を高めよう!

今回は新卒でIT業界で働きたい学生向けにおすすめの就活サービスをご紹介してきました。

最後に改めて今回ご紹介をしたサービスの特徴を振り返りましょう。

サービス名 特徴
IT求人ナビ 有名企業からメガベンチャーまで幅広く企業を紹介(未経験者でも利用可)
レバテックルーキー IT業界に精通したプロのアドバイザーの支援が受けられる(経験者向け)
エンジニア就活 未経験者でもエンジニア・プログラマーとして入社できる求人が探せる
サポーターズ 有名IT企業と支援金を受けながら会える
Career Select 逆求人イベントや勉強会・相談会などイベントが豊富
paiza ESを書かずにコードを書くことで企業にアピールができる

IT業界への就職で、自身のスキルアップを目指していきましょう。

-ナビサイト
-, ,

© 2021 就活推進部 Powered by AFFINGER5