副業・フリーランス

【副業初心者必見】ライター業の始め方と稼ぎ方を大公開!

「副業をしたい!」
「ライターに挑戦したい!」
「ライターって稼げるの?」

など、副業やライターに挑戦したいと考えている人はいないでしょうか。

この記事では副業の初心者向けに、ライター業の始め方と稼ぎ方を解説します。

ライター業の始め方や報酬アップのモデルケースを参考にしながら、ぜひライター業に挑戦してみてください。

本記事で分かること

  • ライターの始め方
  • ライターとして稼ぎを上げていく方法
  • ライターの報酬アップのモデルケース



ライター業は特別なスキルがなくても挑戦できる

この記事で紹介するライター業はWEBサイトに掲載される記事の執筆をする人です。

多くの人がGoogleやYahooといった検索エンジンを使って、わからないことを調べます。その際にさまざまな記事を読むと思いますが、それらの記事を書くのがライターです。

また、そのような記事はクラウドソーシングを中心に仕事が募集されています。案件によって初心者でも応募が可能なものがあるため、スキルや知識に不安があっても取り組めます。

ライター業の始め方・3ステップ

ライター業の始め方には、以下の3つのステップがあります。

ブログに取り組みポートフォリオにする

前述のとおり、クラウドソーシングの案件にはライター未経験者でも応募できるものがあります。

しかし、クラウドソーシングのライター募集案件は応募者が多く、初心者が応募しても採用されない可能性が高いです。募集者もライター経験がなければ、どのような実力があるのかわかりにくく、仕事を依頼しにくいです。

そこで、まずはブログを開設して自分の実力を示せるポートフォリオを準備しましょう。

収益を目的としないならば、無料のブログでも構いません。自分がどれくらいのライティングスキルがあるのか、客観的に示せるものを用意しておきましょう。

ライティングやSEOについて学ぶ

ブログに取り組みながら、ライティングやSEOについて学ぶことも大切です。どのようなライティングが検索上位になるのか、読者に読まれる記事は何なのかを勉強しましょう。

勉強の方法は、書籍やWEBサイトを活用します。闇雲にブログを書いても、募集者には効果的なアピールにつながりません。

タイトルの付け方、見出しの置き方、キーワードの使い方など、具体的なライティングの手法を書籍やWEBサイトから勉強してください。

クラウドソーシングに登録してライター業を始める

ライティングについて知識がついて、ポートフォリオも提示できるようになったらクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングで代表的なのは、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

クラウドワークスは案件数が豊富であり、ライティング経験の浅い人でも採用されやすい案件も多いです。ランサーズはランクアップ制度があり、非公開の案件を紹介されることがあります。

これから案件に応募したいと考えるならば、クラウドワークスとランサーズの両方に登録しましょう。いずれもメールアドレスのみで登録可能です。(その後、本人確認など細かな情報を提出)

ライター業の稼ぎ方・報酬アップのモデルケース

クラウドソーシングに登録したら、以下の案件を順に取り組んで報酬アップを目指してください。

タスク形式・文字単価0.5円まで

タスク形式は商品レビューや体験談など、数十分や1時間程度で完了する案件です。文字数や報酬は案件により異なりますが、1案件数十円程度となります。

また、文字単価が0.5円までの案件は比較的、初心者でも採用されやすいです。タスク形式や文字単価0.5円までも案件では、ライター業に慣れることや実績を積むことを意識することが大切です。

文字単価0.5〜1円

クラウドソーシングで実績がついてきたら文字単価0.5〜1円の案件に応募してみましょう。応募の際は文字数1000文字程度の案件を目安にしてみてください。

1000文字程度のライティングに慣れると、稼げるようになります。たとえば、文字単価0.5円で1000文字程度の記事を30分でこなせれば時給1000円に相当します。

そのような経験を続けていくことで、時給換算にして1200円、1400円と向上していきます。

文字単価1円以上

ライターとして稼いでいくには、文字単価1円以上の案件を軸にする必要があります。3000文字の案件であれば3000円、5000文字の案件であれば5000円稼げることになり、受注量によりライターを本業にすることも可能でしょう。

クラウドソーシングでの実績やブログなどのポートフォリオが溜まっていると、文字単価1円以上の案件でも採用されやすくなるため、ライティングの自信がついてきたら積極的に文字単価1円以上の案件に応募してみてください。

高額案件に申し込む

ライター業で稼げるようになったら、専門性の高い高額案件に挑戦してみましょう。専門性の高い案件は文字単価2円や3円などの高額報酬となっています。

たとえば3000文字で文字単価2円の案件では、6000円稼げることになります。3000文字を2時間程度で仕上げれば、時給3000円という非常に効率のいい稼ぎ方となるでしょう。

実績を積んで自信がついてきたら、専門分野をみつけて高額案件にチャレンジしてみてください。

副業の初心者はライター業からスタートしよう!

ライター業は特別な知識やスキルがなくても取り組むことができます。

副業をこれから始める方は以下のクラウドソーシングサイトは案件数も多くおすすめです。

【3位】ランサーズ

一定の収入を得るには実績が必要ですが、この記事で紹介したステップをこなしていきましょう。

-副業・フリーランス
-

© 2021 就活推進部 Powered by AFFINGER5