就活コラム

早期選考は準備不足でも受けるべき理由|メリット・デメリットも解説

本ページには広告が含まれています
就活推進部では、複数の企業と提携し情報を提供しています。各企業から広告を出稿いただくこともありますが、記事内の評価やランキングに関して、影響を及ぼすことはございません。
 早期選考は準備不足でも受けるべき?
 早期選考に参加をするメリット・デメリットは?
 早期選考にはどうすれば参加できる?

本記事では上記のような疑問を抱えているあなたに、

  • 早期選考で準備不足でも内定を獲得する方法
  • 早期選考に参加するメリット・デメリット
  • 早期選考に参加をするための方法

を分かりやすくご説明をいたします。

 

近年の就活は「早期選考」の重要度が増しているため、準備不足でも積極的に参加しましょう!

 

26卒におすすめ就活サイト(厳選)
サイト名サイト種別特徴

ワンキャリア
ナビサイト就活生の2人に1人が利用。本選考企業の情報を発信中。

OfferBox
スカウトサイト利用企業数17,000社以上。24万人以上の就活生が利用(24卒実績)

ユニスタイル
ES対策サイト76,000枚以上の内定者ESを掲載。選考体験記の掲載もあり選考対策に最適。

ビズリーチ・キャンパス
OBOG訪問サイト51,000名以上のOBOGが登録。総合商社をはじめとした大手企業に勤めるOBの登録が多い。

 

 

早期選考には準備不足でも参加すべき理由を解説

本章では、早期選考には準備不足でも参加すべき理由を解説いたします。

【早期選考には準備不足でも参加すべき理由】

  1. そもそも準備不足な人が多い
  2. 本選考よりも倍率が低い
  3. 本選考に向けた経験値を積める

 

順番に詳細をお伝えします。

 

 

理由①そもそも準備不足な人が多い

1つ目の理由は、そもそも準備不足な人が多いことです。

 

大学1、2年生のころから就活の準備に気合いを入れている人はそこまで多くありません。

 

ほとんどの就活生が「なんとなく」で参加しており、企業側も準備不足を認識したうえで選考を行っています。

 

早期選考を行う企業は「ほかの企業に見つかる前に優秀な人材を確保したい」と考えているため、むしろ企業側から就活生の魅力を引き出そうとしてくれます。

 

いわば「青田買い」の選考であるため、就活生が準備不足を気にする必要はまったくありません。

 

理由②本選考よりも倍率が低い

2つ目の理由は、本選考よりも倍率が低いことです。

 

早期選考は本選考よりも受ける人数が少ないため、内定をもらえる確率が高くなります。

 

もちろん、企業とのマッチング度が低い場合は受かりませんが、志望度の高い企業であれば競争相手の少ないほうが企業に熱意を伝えやすいでしょう。

 

理由③本選考に向けた経験値を積める

3つ目の理由は、本選考に向けた経験値を積めることです。

 

もし明日から本選考がスタートするならどんな気持ちになるでしょうか。

 

おそらく多くの学生が緊張や不安でいっぱいになるでしょうし、その緊張や不安のせいで面接が想像よりもうまくいかないかもしれません。

 

しかし、早期選考に参加していれば「面接の雰囲気」や「失敗したところ」を知っているため、余裕を持って本選考にのぞめます。

 

もし早期選考で落ちたり、第一志望が早期選考を実施していない場合でも「本選考の練習台」にできるため積極的に参加しましょう。

 

早期選考に参加をするメリット

本章では、早期選考に参加するメリットを解説いたします。

【早期選考に参加するメリット】

  1. 早めに内定をもらえる
  2. 本選考で過度な緊張をしなくなる
  3. 自分の弱点を見つけられる
  4. 就活意欲の高い学生と交流できる

 

順番に詳細を解説します。

 

メリット①早めに内定をもらえる

1つ目のメリットは、早めに内定をもらえることです。

 

早期選考は企業が「ほかに見つかる前に優秀な人材を確保したい」と考えているため、自社に合いそうな就活生には早めに内定を出します。

 

大学3年生のうちに就活を終えられれば、大学4年生からは自由な時間を過ごせるわけです。社会人になると自由時間が少なくなるため、貴重な時間となるでしょう。

 

もし本命企業でない場合でも「内定を1つ持っている」というのは、本命企業の選考を受ける際の心の安定にもつながります。

 

内定が1つあるだけで就活のプレッシャーが大きく緩和されますので、早期選考にはぜひチャレンジしましょう。

 

メリット②本選考で過度な緊張をしなくなる

2つ目のメリットは、本選考で緊張しなくなることです。

 

先述した通り、早期選考は「本選考の練習台」にもなります。

どんなに準備を整えても、いざ本番になると「会場の雰囲気に呑まれて何もできなかった」となってしまえば意味がありません。

 

早期選考では実際の本選考に限りなく近い雰囲気を体験できますので、本選考で過度な緊張をしないためにも参加しておきましょう。

 

メリット③自分の弱点を見つけられる

3つ目のメリットは、自分の弱点を見つけられることです。

 

早期選考で内定を1つももらえなかったとしても、「失敗した経験」が手に入ります。

 

例えば、

  • 自己PRの内容が思ったより薄かった
  • 面接で思わず冗長に話してしまった
  • 筆記試験の対策がまだ足りなかった

などです。

 

上記のような自分の弱点は実際に選考を経験しないとなかなか気がつかないものです。

 

早期選考は自分の弱点を把握するチャンスでもありますので、本選考をスムーズに進めるためにも参加しておきましょう。

 

メリット④就活意欲の高い学生と交流できる

4つ目のメリットは、就活意欲の高い学生と交流できることです。

 

早期選考に参加する学生は少ないとお伝えしましたが、裏を返せば、早期選考に参加する学生は「就活の意欲が高め」と言えます。

 

意欲の高い学生と交流すれば、就活に対するモチベーションが上がるでしょう。また意欲の高い学生の行動(言葉や立ち振る舞い)は見習うべき点も多いです。

 

仲間やライバルができることで刺激を受けながら成長できますので、本気で就活をするのなら早期選考を受けるメリットは大きいと言えます。

 

早期選考に参加をするデメリット

本章では、早期選考に参加するデメリットを解説いたします。

【早期選考に参加するデメリット】

  1. 本選考を受けられない可能性もある
  2. 自信を失ってしまう可能性がある
  3. オワハラを受ける可能性がある

 

順番に詳細を解説します。

 

デメリット①本選考を受けられない可能性がある

1つ目のデメリットは、本選考を受けられない可能性があることです。

 

すべての企業がそうではありませんが、早期選考で落ちた場合は本選考に響くケースもあります。

 

「それなら準備不足で参加するのは間違いでは?」と感じるところですが、先述した通り、本選考では準備万端でのぞんでくる就活生が増え、倍率も上がります。

 

本選考ではハイレベルな競争となるため、基本的には競争が少なくて受かりやすい早期選考がおすすめです。

 

デメリット②自信を失ってしまう可能性がある

2つ目のデメリットは、自信を失ってしまう可能性があることです。

 

早期選考で1つも内定をもらえないと「自分は本選考でも内定を取れないんじゃないか」と落ち込んでしまうかもしれません。

 

ただ、こちらも先述した通り、早期選考は「自分の弱点を見つける場」にもなります。見つけた弱点を分析して対策すれば、本選考で受かる確率はグンと上がります。

 

「失敗は成功のもと」ですので、臆せず早期選考にチャレンジしましょう。

 

デメリット③オワハラを受ける可能性がある

3つ目のデメリットは、オワハラを受ける可能性があることです。

 

オワハラとは「就活終われハラスメント」の略称で、企業が内定を出した就活生にほかの企業の選考を受けないように迫る行為を指します。

 

第一志望の企業であれば気にならないかもしれませんが、そうでなかった場合は精神的に苦しい思いをするかもしれません。

 

しかし、オワハラは社会問題にもなっており、就活生に従う義務はありません。

 

またオワハラをする企業は労働環境がよくない可能性がありますので、もし脅迫された場合は「内定辞退」をするのが賢明でしょう。

 

早期選考に参加をするための方法

本章では、早期選考に参加するための方法を解説いたします。

【早期選考に参加する方法】

  1. インターンシップに参加する
  2. OB・OG訪問をする
  3. リクルーター面談をする
  4. 早期選考イベントに参加する
  5. 逆求人型サイトを利用する
  6. 就活エージェントを利用する

 

順番に詳細を解説します。

 

 

インターンシップに参加する

早期選考に参加する方法1つ目は、インターンシップに参加することです。

 

企業は「優秀な学生と関わりを持つため」にインターンシップを開催します。

 

インターンシップで高い評価を得られれば、早期選考の案内が届く可能性が高いため積極的に参加しましょう。

 

 

OB・OG訪問をする

早期選考に参加する方法2つ目は、OB・OG訪問をすることです。

 

就活生にとってOB・OG訪問は企業の情報収集をするいい機会ですが、企業側にとっても就活生の情報収集をする目的があります。

 

OB・OGから高評価を得た就活生は「社内推薦ルート」で早期選考の案内を受ける可能性がありますので、こちらも積極的に参加しましょう。

 

大学のキャリアセンターに聞けば連絡先を教えてもらえますし、「 ビズリーチ・キャンパス 」や「マッチャー」などのアプリで接点を持つ方法もあります。

 

 

リクルーター面談をする

早期選考に参加する方法3つ目は、リクルーター面談をすることです。

 

リクルーター面談では、企業の人事部から指名を受けた社員とカフェやオンライン上で雑談のような会話をします。

 

雑談の中でリクルーターから「自社に合いそう」と判断された学生には、早期選考の案内が届く可能性があります。

 

リクルーター面談は突然連絡が来ることが多いため、もし連絡が来た場合は積極的に活用しましょう。

 

早期選考イベントに参加する

早期選考に参加する方法4つ目は、早期選考イベントに参加することです。

 

早期選考イベントには文字通り「早期選考を実施する企業」が多く参加します。

 

イベントは合同説明会のようなものですが、採用活動も合わせて実施されるケースもあります。

 

イベントに参加すれば、その場で早期選考の案内をされる可能性もありますので、業界分析や自己分析を行なって準備をしておきましょう。

 

 

逆求人型サイトを利用する

早期選考に参加する方法5つ目は、逆求人型サイトを利用することです。

 

逆求人型サイトとは、自分のプロフィールを見た企業から直接スカウトが届く就活サイトです。

 

就活生はプロフィールを登録して待っているだけですので、早期選考に興味があるのならぜひ利用してみてください。

 

【逆求人型サイトの代表例】

 

 

就活エージェントを利用する

早期選考に参加する方法6つ目は、就活エージェントを利用することです。

 

就活エージェントを利用すれば、就活のプロであるアドバイザーが「自分に合う&早期選考を行う企業」を紹介してくれます。

 

またES添削や面接対策などのサポートもしてくれるため、早期選考の突破率も向上するでしょう。

 

すべて無料ですので、早期選考を受けるのなら気軽に相談してみてください。

 

【就活エージェントの代表例】

 

 

【まとめ】早期選考は準備不足でも受けるべき理由

本記事では、早期選考は準備不足でも受けるべき理由を解説いたしました。

 

最後に改めて理由をまとめておきます。

 

【早期選考には準備不足でも参加すべき理由】

  1. そもそも準備不足な人が多い
  2. 本選考よりも倍率が低い
  3. 本選考に向けた経験値を積める
  4. 就活に対する心の余裕が生まれる

 

余裕を持って就活を進めるためにも、早期選考には積極的に参加しましょう!

 

26卒におすすめ就活サイト(厳選)
サイト名サイト種別特徴

ワンキャリア
ナビサイト就活生の2人に1人が利用。本選考企業の情報を発信中。

OfferBox
スカウトサイト利用企業数17,000社以上。24万人以上の就活生が利用(24卒実績)

ユニスタイル
ES対策サイト76,000枚以上の内定者ESを掲載。選考体験記の掲載もあり選考対策に最適。

ビズリーチ・キャンパス
OBOG訪問サイト51,000名以上のOBOGが登録。総合商社をはじめとした大手企業に勤めるOBの登録が多い。

-就活コラム