就活コラム

就活がやばいと感じたら行うべき行動4選!無い内定からの脱出・持ち駒増加のための手段を伝授!

本ページには広告が含まれています
就活推進部では、複数の企業と提携し情報を提供しています。各企業から広告を出稿いただくこともありますが、記事内の評価やランキングに関して、影響を及ぼすことはございません。
 就活が進まずやばい?
 内定が獲得できずやばい?
 持ち駒が減ってきてやばい?
 最近の就活ってやばいの?

本記事では上記のような疑問を抱えているあなたに、

  • 本当に就活のやばい状況について
  • 最近の就活のやばい状況について
  • 就活がやばいと焦る理由について
  • 就活がやばいと感じた時に取るべき行動について
  • 就活のやばい状況を回避する方法について

を分かりやすくご説明をいたします。

 

年々変わりゆく新卒市場のトレンドからやばい状況に陥った際の対策方法・やばい状況に陥らないようにするための方法についてご紹介をいたします

 

おすすめ就活サイト
サイト名評価特徴

キャリエモン

5.0
無料・匿名・無制限でプロの就活アドバイザーにES添削が依頼できる。24時間以内の返信率は98%。

ワンキャリア
5.0月間100万人が利用。人気企業のES・体験談を19万件以上掲載

OfferBox
5.0利用企業数17,000社以上。24万人以上の就活生が利用(24卒実績)

 

就活のやばい状況とは|具体的な事例をご紹介

本章では、就活においてやばい状況についてご紹介をします。

【就活のやばい状況とは】

  • 就活は3月からと思い行動していなかった
  • 大学4年生の夏までに内定がない

 

上記のような方は悠長に構えている暇はありません。すぐに就活の中での対策を練る必要があります。

 

順番に詳しく説明をいたします。

 

やばい状況①就活は3月からと思い行動していなかった

就活のやばい状況の1つ目は、就活のスタートは3月からだと思い行動をしていなかったパターンです。

 

就活のスケジュールは経団連によって、

  • 2022年3月~:広報活動開始
  • 2022年6月~:採用選考活動開始

 

上記のように定められていました。

 

しかし実際のところは、多くの企業で3年生の夏ごろから実質上の選考を含んだインターンシップの開催や早期選考が実施をされている状況です。

 

株式会社ディスコの調査では、2023卒の学生の2022年4月1日の内定率は46.5%。

前年同期実績(38.2%)を8.3ポイント上回りました。

 

就活は年々早期化をしており「就活のスタートは3月からだから大丈夫」と思っている方は、すでに他の学生より大きく就活に乗り遅れている状況となるので注意が必要です。

 

やばい状況②大学4年生の夏までに内定がない

就活のやばい状況の2つ目は、大学4年生の夏までに内定がないパターンです。

 

上記は株式会社ディスコが企業向けに行なった内定出しの時期についてのデータとなります。(引用:2022 年卒採用 内定動向調査/株式会社ディスコ

 

企業の内定出しの時期については3〜6月が中心となっており、7月以降に関しては極端に件数が少なくなることが見て取れるはずです。

 

もちろん通年採用を行なっており、秋・冬の時期にも求人を出している企業もありますが、募集人数が少なく非常に狭き門となっていることも…。

 

納得のおける内定を獲得するには、早めの対策と行動が重要となるということがわかるかと思います。

 

最近の就活はやばい?その理由とは?

本章では、最近の新卒市場のトレンドを踏まえながら就活がやばい状況についてご説明をいたします。

【就活市場のトレンド】

  • 就活の早期化が年々加速している
  • オンライン就活に適した知識やノウハウが必要になっている
  • ジョブ型採用が進み新卒採用枠を減らしている企業も

 

順番に詳しく説明をいたします。

 

やばい状況①就活の早期化が年々加速している

最近の就活がやばい理由の1つ目は、就活の早期化が年々加速している点にあります。

 

先ほども記載をした通り、2023卒の学生の4月1日の内定率は46.5%であり、前年同期実績(38.2%)を8.3ポイントも上回っている状況です。

 

特に経団連に所属をしていない外資系企業やベンチャー企業では、青田買いが激化しており、早い学生では3年生の春頃には内定を獲得していることも。

 

年々就活の早期化は進んでいるので、乗り遅れると取り返しが難しく、ずるずると内定を獲得できずに4年生の終わりを迎えてしまうこともあるので注意が必要です。

 

やばい状況②オンライン就活に適した知識やノウハウが必要になっている

最近の就活がやばい理由の2つ目は、オンライン就活に適した知識やノウハウが必要になっている点です。

株式会社ディスコの調査では、コロナ禍が収束をしたとしても、オンラインでのイベント開催や面接を続けていく意向が強く見て取れます。

 

上記のような企業ニーズ合わせて「JOBTV」や「Lognavi」といった動画就活サービスもリリースをされているので、よりこれからの就活生についてはオンライン就活に適した知識やノウハウの獲得が重要となると言えるでしょう。

 

やばい状況③ジョブ型採用が進み新卒採用枠を減らしている企業も

最近の就活がやばい理由の3つ目は、ジョブ型採用が進み新卒採用枠を減らしている企業もある点です。

 

日本の就活は元来「メンバーシップ型採用」と呼ばれる採用方式が主流で、複数人の新入社員を同条件で入社させたのち勤務地や職務を割り振っていました。

 

しかし、新型コロナウイルスの世界的大流行やウクライナ情勢などの影響で、社会が不安定になっている昨今、企業は即戦力となる人材を中心に採用をする「ジョブ型採用」に切り替える企業も増加をしている状況です。

 

近年では特定のスキルを保有する新卒に「年収1,000万円」を提示する企業が現れるなど大きな話題を呼んでいます。(参考:くら寿司NEC

 

「メンバーシップ型採用」から「ジョブ型採用」に切り替わりつつある現代では、新卒とはいえ特定のスキルや知識を磨いておく必要がある時代となりつつあると言えるでしょう。

 

就活がやばいと焦る理由|よくある原因を徹底解説

「持ち駒が減ってきて後が無い」「周りの友人が内定を獲得し始めた」と、就活ではやばいと焦りを感じることもあるはずです。

 

本章では、就活において終わらなくて焦りを感じてしまう理由について整理をしておきます。

【就活で焦る理由】

  • 自己分析が進まず就活の軸が見つからない
  • 近年の就活状況を把握していない
  • ES提出や説明会の予約などスケジュール管理が大変
  • 企業研究・業界研究がなかなか進まない
  • 選考対策が進まない
  • 選考が進むにつれ持ち駒が減ってくる
  • 最終選考で落ちた

 

順番に詳しく説明をします。

 

やばいと焦る理由①自己分析が進まず就活の軸が見つからない

就活でやばい・終わらないと焦る理由の1つ目は、自己分析・就活の軸を決めるには思いのほか時間がかかる点にあります。

 

自己分析は、就活において最も時間のかかる作業です。

【自己分析で考えるべきこと】

  • 過去の経験を書き出し強み・弱みを見つける
  • 過去の経験より自身のモチベーションの起源を見つける
  • 過去の経験より社会人でも再現性のあるアピールポイントを見つける
  • これからの将来キャリアについて考える など…

 

自己理解を深め、将来キャリアを考えることに正解はないので、その分長い時間をかけて考え続けることが重要になります。

 

自己分析が進まず焦りを感じそうな方は「 イロダスサロン 」や「ジョブスプリング」といったキャリア支援サービスを活用してプロの就活アドバイザーに壁打ちなどをすると考えの整理にもつながるのでおすすめです。

 

 

やばいと焦る理由②近年の就活状況を把握していない

就活でやばい・終わらないと焦る理由の2つ目は、近年の就活状況の移り変わりは早く例年の情報が役に立たない点にあります。

【近年の就活トレンド】

  • メンバーシップ型採用からジョブ型採用へ(新卒採用枠の減少)
  • オンライン就活が主流となり人気企業のエントリー倍率の上昇
  • 年々激化する企業の青田買い(就活の早期化)

 

近年は毎年のように就活市場の状況も変化し、例年通りが通用しないこともしばしば。

 

各社企業においても、昨年より選考開始時期や採用人数などを大きく変更をしていることもあるので、例年の情報に頼るのではなく最新の情報をキャッチするようにしましょう!

 

 

やばいと焦る理由③ES提出や説明会の予約などスケジュール管理が大変

就活でやばい・終わらないと焦る理由の3つ目は、就活が本格化するにつれてES提出や説明会参加のスケジュールに追われてしまう点にあります。

 

選考が本格化する時期になると、毎日のようにES提出や説明会への参加に追われます。

 

就活が本格化するまでに以下を準備しておけば、スケジュールに追われることも回避できるのでおすすめです。

【本格化するまでに準備すべきこと】

  • ガクチカ・自己PRのテンプレを作成しておく
  • 自己分析を進め、就活の軸を固めておく
  • 面接対策を進める
  • 企業研究・業界研究を進めておく
  • 幅広い企業にエントリーをしておく
  • 事前に興味のある企業の選考スケジュールをチェックしておく

 

事前の準備がやばい・終わらないと焦ってしまう状況を回避することに繋げられるので、上記をできる限り準備して納得内定を目指しましょう。

 

 

やばいと焦る理由④企業研究・業界研究がなかなか進まない

就活でやばい・終わらないと焦る理由の4つ目は、企業研究・業界研究には多くの時間が必要になる点にあります。

 

志望動機で「なぜ他社ではなく御社なのか」を明確化するためにも、業界研究・企業研究は重要です。

【企業研究のチェックポイント】

  • 企業概要の調査
  • 企業の競合優位性
  • 企業の顧客を知る
  • 企業動向の把握
  • 経営理念や設立経緯を知る
  • 社員の生の声を聞く

 

企業研究をする際は、上記ポイントを全ておさえられるのが理想です。

 

でも就活が本格化するにつれて企業研究に割ける時間も少なくなるはずなので、忙しい方は「 ワンキャリア 」の各企業ページに記載のある合格の秘訣を参考にすると良いでしょう。

 

大まかな企業研究内容が記載をされており、選考前の最終チェックにも最適なコンテンツとなっています。

 

 

やばいと焦る理由⑤選考対策が進まない

就活でやばい・終わらないと焦る理由の5つ目は、選考対策が進まない・足りていない点にあります。

【実施をすべき選考対策】

  • ES対策(自己PR・ガクチカなどの作成)
  • 面接対策
  • GD対策
  • SPI対策 など…

 

上記のような対策を就活が本格化するまでに進めておく必要があります。

特にGD・面接対策については、場数を踏んでおくことが最大の対策になるので、インターンやセミナー等に参加をしながら事前の準備をしておくように心がけましょう。

 

イロダスサロン 」や「CLUTCH(旧:digmee)」では、GD・面接対策セミナーを年間を通して開催しているので要チェックです。

 

やばいと焦る理由⑥選考が進むにつれ持ち駒が減ってくる

就活でやばい・終わらないと焦る理由の6つ目は、就活も後半になるにつれてエントリー先が少なくなり持ち駒が減ってくる点にあります。

 

前述をした通り、内定出しのピークは3月〜6月であり、それ以降の期間は欠員補充で求人サイト経由でのエントリー締切をむかえてしまうことも。

 

「エントリー先がなく困っている」という方は、欠員枠を狙って「ジョブスプリング」や「キャリアチケット」といった就活エージェントの活用がおすすめです。

 

欠員枠の少人数の補充については、母集団を集める求人サイトではなく、就活エージェントに募集が流れていることも。

就活後半でも優良企業から内定を狙うなら、間違いなく就活エージェントの活用はおすすめと言えるでしょう。

 

 

やばいと焦る理由⑦最終選考で落ちた

就活でやばい・終わらないと焦る理由の7つ目は、最終選考で落ちることもある点です。

 

「もう受かるだろう」と思っていた企業の最終選考でも、なぜかお祈りを受けてしまうことも多々あります。

 

最終選考で落ちてしまうと、これまで行ってきた企業研究や面接対策のすべてが無駄になってしまった気分に陥ってしまうものです。

 

でも実は、最終選考まで進んだ結果が他社からのスカウトにつながる「ABABA」というサービスも存在。

あなたのこれまでの選考過程を評価して、一部選考を免除したスカウトが届くサービスとなっています。

 

最終選考で落ちてやばいと思った際には、ぜひ「ABABA」を活用して次の企業からのスカウトに繋げていきましょう!

 

就活がやばいと感じたら取るべき行動4選|内定獲得・持ち駒増加施策を伝授

本章では、就活がやばいと焦り出した就活生のために、とるべき行動や対策についてご説明をいたします。

【行動・対策】

  • 就活エージェントの活用を検討する
  • 自己分析・他己分析をやり直す
  • 逆求人型の就活サイトへ片っ端から登録する
  • 就活情報を再収集する

 

順番に詳しく説明をいたします。

 

就活がやばいと感じたら①就活エージェントの活用を検討する

就活がやばいと感じたら取るべき行動1つ目は、就活エージェントの活用を検討するです。

 

就活エージェントは、就活のプロのマンツーマンサポートのもと手厚い就活支援が受けられるサービスとなっています。

【就活エージェントのサポート内容】

  1. 就活相談
  2. 自分に合った求人の紹介
  3. 選考対策(面接・ES対策など)
  4. 面接のセッティング
  5. 面接後のフィードバック

 

第3者の目線よりあなたに合った企業を紹介してくれるほか、面接の合否に関わらず企業の担当者と連絡を取り合って面接のフィードバックを受けられるのは非常にありがたいポイントと言えるでしょう。

 

イロダスサロン 」や「ジョブスプリング」は、就活エージェントの中でも、学生の将来キャリアに寄り添ったサポートが評判をよんでいるサービスなのでおすすめです!

 

 

就活がやばいと感じたら②自己分析・他己分析をやり直す

就活がやばいと感じたら取るべき行動2つ目は、自己分析・他己分析をやり直すことです。

 

就活でやばいと焦りを感じてしまう悩みで多いのが「自分のやりたいことが分からない」「自分に合った企業が分からない」といったもの。

 

自己分析・他己分析が進まず、ただ選考を受けて落ちてを繰り返していると、誰でも焦りを感じるものです。

 

就活がやばいと焦りを感じた際は、まずは一度自己分析や他己分析の時間を確保して、自身を見直すこともしてみましょう。

 

FutureFinder」や「オファーボックス」の適性診断を受講して、客観的な分析結果を改めて見直してみることもおすすめです。

 

 

就活がやばいと感じたら③逆求人型の就活サイトへ片っ端から登録する

就活がやばいと感じたら取るべき行動3つ目は、逆求人型の就活サイトへ片っ端から登録をすることです。

 

逆求人型の就活サイトは、プロフィールを登録するだけで、企業からスカウトが届くサービスとなっています。

 

就活が本格化している時期はもちろん、就活後半にも強いサービスとなっており、求人サイトには掲載できない欠員枠の募集スカウトなども届くかも。

 

国内最大級の逆求人型さいと「オファーボックス」や「キミスカ」にまだ登録していない方は急いで登録を。

 

最終選考まで進んだが落ちてしまったという方は「ABABA」の利用もおすすめです。

 

就活がやばいと感じたら④就活情報を再収集する

就活がやばいと感じたら取るべき行動4つ目は、就活情報を再収集することです。

【再収集におすすめのサービス】

 

上記のようなサービスは、企業エントリー締切等の情報も分かりやすく掲載をされているのでおすすめ。

 

やばいと感じたら、急ぎ持ち駒を増やすためにも、企業エントリーを進めましょう!

 

就活がやばいとなる前に取るべき行動

本章では、就活がやばいと焦らずにすむように、事前に準備をしておくべきポイントについて解説をいたします。

【準備をしておくべきポイント】

  • 就活のスケジュール感を把握する
  • 自己分析や企業研究は早めのスタートを
  • 逆求人型の就活サイトへ2つ以上登録をしておく
  • 興味のある業界・企業のインターンに参加をする
  • 早期選考を行なっている業界・企業を把握する

 

順番に詳しく説明をいたします。

 

取るべき行動①就活のスケジュール感を把握する

就活がやばいとなる前に取るべき行動1つ目は、就活のスケジュール感を把握することです。

 

前述の通り、近年は就活の早期化やオンライン化が進み、例年の状況とは全く異なる就活状況となっています。

 

後になって焦らないためにも、興味のある企業・業界の選考スケジュールやインターン情報は必ずチェックをしておくようにしましょう!

 

以下では24卒向けに参考の就活スケジュール感も記載をしているので要チェックです。

 

 

取るべき行動②写真館で就活証明写真を準備する

就活がやばいとなる前に取るべき行動2つ目は、就活用の証明写真を準備することです。

 

証明写真の撮影を後回しにする就活生は意外と多いです。余裕を持って、エントリーシートに貼る証明写真を写真館で撮影してもらいましょう。

 

スピード写真機や自撮りで撮影する就活生もいますが、写真館で撮影してもらった方が断然写りが良くなります。

 

【おすすめの写真館】

  • スタジオインディ
    ー就活写真口コミNO,1で、就活に必要な写真とデータがプロ品質で全て揃う写真館

 

取るべき行動③自己分析や企業研究は早めのスタートを

就活がやばいとなる前に取るべき行動3つ目は、自己分析や企業研究は早めのスタートを意識することです。

 

特に自己分析は、就活を進める上で最も重要であり、かつ最も時間のかかる作業です。

【自己分析におすすめ】

 

ぜひ自己分析を少しずつでも進めていきたい方は、上記のようなサービスがおすすめ。

 

【企業研究におすすめ】

  • JOBTV
    ー動画で会社説明会を視聴できる
  • OpenWork
    ー企業の評判・口コミが閲覧できる

 

企業研究を進めたい方は、上記のようなサービスをチェックすると良いでしょう。

 

取るべき行動④逆求人型の就活サイトへ2つ以上登録をしておく

就活がやばいとなる前に取るべき行動4つ目は、逆求人型の就活サイトへ2つ以上登録をしておくことです。

 

逆求人型の就活サイトは、プロフィールを登録するのみで、あとは企業からのスカウトを待つのみ。

【逆求人型サイトおすすめ】

 

登録をしておいて絶対に損はないサービスなので、できる限り多くのサービス利用がおすすめです。

 

どのサービスを使って良いか分からない方は、上記より興味のあるサービスの利用を検討してみてください。

 

取るべき行動⑤興味のある業界・企業のインターンに参加をする

就活がやばいとなる前に取るべき行動5つ目は、興味のある業界・企業のインターンに参加をしておくことです。

【インターンに参加をしておくメリット】

  • 業界・企業研究に繋がる
  • GD・面接の経験を積むことができる
  • インターン参加者向けの優先案内を企業から受けられる
  • 早期選考の案内や特別選考ルートの獲得ができることも

 

企業によっては、インターンに参加をした就活生を優先的に採用していることも。

 

インターンに参加をしておけば、様々な優遇を受けられる可能性が高いので、就活がやばいと焦らないためにもできるだけ多くのインターンに参加をしておくようにしましょう!

 

 

取るべき行動⑥早期選考を行なっている業界・企業を把握する

就活がやばいとなる前に取るべき行動6つ目は、早期選考を行っている業界・企業を把握することです。

 

企業・業界によっては、3月の情報解禁を待たずに内定出しを行っている企業もあり、特に経団連に所属をしていない外資系企業やベンチャー企業の選考開始は早く、3年生の夏頃には内定を獲得する就活生も出始めます。

 

選考の開始時期を把握しておくことで事前の準備を行い、就活がやばいと焦ることを避けていきましょう!

 

 

就活がやばいと感じたら取るべき行動まとめ

本記事では、就活がやばいと感じている方向けに、その対処法についてご説明をしてきました。

 

最後に改めて就活がやばいと感じている方向けにおすすめの対処法をまとめます。

【行動・対策】

  • 就活エージェントの活用を検討する
  • 自己分析・他己分析をやり直す
  • 逆求人型の就活サイトへ片っ端から登録する
  • 就活情報を再収集する

 

やばい状況から脱却し、納得内定を獲得できるように行動をしていきましょう!

 

おすすめ就活サイト
サイト名評価特徴

キャリエモン

5.0
無料・匿名・無制限でプロの就活アドバイザーにES添削が依頼できる。24時間以内の返信率は98%。

ワンキャリア
5.0月間100万人が利用。人気企業のES・体験談を19万件以上掲載

OfferBox
5.0利用企業数17,000社以上。24万人以上の就活生が利用(24卒実績)

-就活コラム