副業・フリーランス

新卒でフリーランスは甘くない?成功をする職種は?失敗を回避するために必要なスキルや案件の獲得方法を伝授!

 新卒でフリーランスになるためには?
 新卒でもフリーランスとして活躍できる職種は?
 フリーランスとして案件を獲得するには?

本記事では上記のような疑問を抱えているあなたに、

  • 新卒でフリーランスになるために必要なスキル
  • 新卒でフリーランスになるメリット・デメリット
  • 新卒でもフリーランスとして活躍できる職種
  • フリーランスとして案件を獲得する方法

 

を分かりやすくご説明をいたします。

 

本記事では、新卒でフリーランスになるために必要なスキルから狙い目の職種・案件の獲得方法までを伝授。

 

本記事を通して、新卒でもフリーランスとして活躍できるように準備ができる体制を整えていきましょう。

 

 

目次【本記事の内容】

 

新卒でフリーランスは甘くない|失敗を回避するために必要な3つのスキル

本章では、新卒からフリーランスとして働きたい大学生向けに、失敗を回避するために必要なスキルについてまとめます。

【必要スキル】

  • 市場価値の高いスキルや実績
  • 案件獲得のための営業力
  • 自己管理を行うセルフマネジメント能力

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

市場価値の高いスキルや実績

新卒からフリーランスとして社会に求められる人材になるには、市場価値の高いスキルや実績を積んでおく必要があります。

 

企業がフリーランスを採用する際に必ず見るのは、あなたが「即戦力となりうるスキルを有しているか」です。

 

新卒からフリーランスになるのであれば、企業を納得させるだけのスキルを磨き、アピールができる実績をポートフォリオとして積み上げていく必要があります。

 

案件獲得のための営業力

新卒からフリーランスとして活躍をするには、案件獲得のための営業力も外せません。

 

求人媒体経由での案件応募やエージェント経由での案件紹介、新規営業など…。

常に新しい案件を獲得し続けなければ、フリーランスとして継続した収入を得ることは不可能です。

 

新卒からフリーランスとして、安定した収益を得るためには、案件獲得のための営業力が必須となります。

 

自己管理を行うセルフマネジメント能力

新卒からフリーランスとして活動をし続けるには、自己管理を行うセルフマネジメント能力も外せません。

 

フリーランスは会社員よりも自由な働き方を実現できる反面、自己管理ができなければ安定した収益を得ることは不可能です。

 

売上の管理やスケジュールの管理など、新卒からフリーランスを目指す方は、自己管理を行うセルフマネジメント能力も必要不可欠と言えるでしょう。

 

新卒でフリーランスになると失敗をする人

本章では、新卒でフリーランスになると失敗する人の特徴についてご説明します。

【失敗する人の特徴】

  • 市場で評価をされるスキル・経験がない
  • 人脈がない・営業力がない
  • 計画性がない・お金がない

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

市場で評価をされるスキル・経験がない

新卒でフリーランスになるためには、市場で評価をされるスキル・経験を磨いておく必要があります。

 

スキルも経験のないフリーランスに、お金を払ってくれる企業はどこもありません。

「学びながら知識を深めていきたい」という、大学と同じスタンスでフリーランスになってしまうと必ず失敗をします。

 

企業がフリーランスを採用する上で重要視をしているのは、スキルと経験であることをおさえておきましょう。

 

人脈がない・営業力がない

フリーランスとして、安定をした収益を得るためには営業力や案件を依頼してくれる人脈が重要となります。

【営業・案件獲得手法(例)】

  • 求人サイトからの案件応募
  • エージェント(案件紹介)の利用
  • 新規営業(テレアポ・フォーム営業)
  • 知人からの紹介 など…

 

フリーランスとして、安定した収益・案件獲得するためには、上記のようなチャネルを最大限に駆使していくことが必要です。

 

「案件をくれる人がいない」「営業の仕方が分からない」という方は、新卒でフリーランスになったとしても失敗をする可能性が高いと言えるでしょう。

 

新卒でフリーランスを目指すのであれば、スキルや経験と合わせて、幅広い人との繋がりや自身の営業力向上に努めることが必要です。

 

計画性がない・お金がない

新卒でフリーランスになるには、計画的な行動と一定の貯金が必要です。

 

フリーランスでは、安定した職が約束されることはなく、自身が事故や病気にあってしまった際には、収入が0になってしまうことも…。

 

新卒からフリーランスとして活動をするためには、大学生からのスキル学習や実務経験・人脈の構築を徐々に進めるといった計画性やもしもの時のための貯金は必ず必要と言えるでしょう。

 

新卒でフリーランスになるメリット

本章では、新卒でフリーランスになるメリットについてご説明します。

【メリット】

  • 好きなことを仕事にできる
  • 自由な働き方を実現できる
  • スキルに応じた報酬が受け取れる

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

好きなことを仕事にできる

新卒でフリーランスになるメリット1つ目は、好きなことを仕事にできる点です。

 

企業へ入社をすると、必ず希望の職種で働けるとは限りません。

配属先の仕事が自身の思い描いていたキャリアとは異なる業務になってしまう可能性もあります。

 

フリーランスなら、自身で選んだ仕事に従事をすることができるので、会社員とは違い自身のキャリアを自ら選択して築いていくことが可能です。

 

自由な働き方を実現できる

新卒でフリーランスになるメリット2つ目は、自由な働き方を実現できる点です。

 

フリーランスは働く時間や場所に制約がないことがほとんど。

希少性の高いスキルや経験があれば、短時間で高単価な案件を請け負うことができるので、より自由な働き方を実現することができます。

 

ただ「フリーランスだから必ず自由な働き方ができる」とは限らないこともあり、職種によってはお客様先に常駐が必要であったり、勤務時間に制約があることもあるので注意が必要です。

 

スキルに応じた報酬が受け取れる

新卒でフリーランスになるメリット3つ目は、スキルに応じた報酬が受け取れる点です。

 

日本の企業の多くは「年功序列型」の給料体系を採用しており、スキルや経験があったとしても企業では年収が上がらないことも。

 

一方フリーランスは、スキルや経験がものを言う世界であり、新卒であろうとスキルに応じた報酬を受け取ることができます。

 

市場価値の高いスキルや経験を積み、高い報酬を狙っていきましょう

 

新卒でフリーランスになるデメリット

本章では、新卒でフリーランスになるデメリットについてご説明します。

【メリット】

  • 責任は1人で背負う必要がある
  • 自分で案件を取れなければ仕事はない
  • ビジネススキル・マナーを独学で学ばなくてはいけない

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

責任は1人で背負う必要がある

新卒でフリーランスになるデメリット1つ目は、責任は1人で背負う必要がある点です。

 

フリーランスは、自由な働き方を実現できる反面、全ての責任を1人で背負う必要があります。

 

税金の納税、国民健康保険への加入など、企業勤めなら会社がやってくれることも、フリーランスなら自身で管理をしなければいけません。

クライアントの都合で、突然仕事がなくなることもあれば、事故や病気で突然収益が0になってしまう可能性もあります。

 

新卒からフリーランスとして働いていくためには、自身の責任は1人で負う覚悟が必要となります。

 

自分で案件を取れなければ仕事はない

新卒でフリーランスになるデメリット2つ目は、自分で案件を取れなければ仕事はない点です。

 

フリーランスとして、自然と案件が舞い込んでくるのは、ごく一部のスキルの高い実務経験者のみ。

新卒でフリーランスになるのであれば、自身で案件を獲得する「営業力」が必ず必要になります。

 

フリーランスは、自身で案件を獲得できる能力がなければ、安定した収益が見込めないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

ビジネススキル・マナーを独学で学ばなくてはいけない

新卒でフリーランスになるデメリット3つ目は、ビジネススキル・マナーを独学で学ばなくてはいけない点です。

 

新卒で企業に入社をすると、おおよそ2ヶ月〜3ヶ月程度の「新入社員研修」が行われます。

研修期間は、ビジネスに必要な基本的なスキルやマナーを学ぶことができ、先輩社員と同行をしながら多くの学びを得ることが可能です。

 

しかし、新卒でフリーランスになってしまうと、1人でビジネススキルやマナーを身につける必要があります。

ビジネススキル・マナーを独学で学ばなければいけない点は、新卒でフリーランスになると発生する大きなデメリットと言えるでしょう。

 

新卒でもフリーランスとして活躍できる職種

本章では、新卒からでもフリーランスとして活躍できる可能性の高い職種についてご紹介をします。

【活躍できる職種】

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ライター
  • 動画編集・映像編集
  • SNSマーケター(SNSコンサル)

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

新卒フリーランス①エンジニア

新卒からでもフリーランスとして活躍できる職種1つ目は、エンジニアです。

 

経済産業省の調査(2019年)によると、2030年には約79万人のIT人材が不足すると言われており、今後も多くの企業でエンジニア不足が叫ばれることが予見されます。

 

新卒からフリーランスとして働くのであれば、今後も高いニーズが見込まれるエンジニアは特におすすめの職種となっています。

 

新卒フリーランス②デザイナー

新卒からでもフリーランスとして活躍できる職種2つ目は、デザイナーです。

 

アプリケーションやWebサービスなど、新しいIT技術が進歩をし続けている今、ユーザーが使いやすいアプリ・サイトの設計やデザイン・顧客体験の最大化が求められています。

 

デザインを用いて、ブランドイメージの醸成や顧客満足度の最大化を行えるデザイナーは、市場においても高く評価をされ、フリーランスとしても安定した収益を見込むことができるでしょう。

 

新卒フリーランス③ライター

新卒からでもフリーランスとして活躍できる職種3つ目は、ライターです。

 

ライターは、誰でも気軽に始められる職種ですが、実は奥も深く極めればライター一本でフリーランスとして活躍することも可能。

 

市場には多くのライターがいるので競合性が高い職種とも言えますが、専門性やスキル・経験を積むことで、安定した収益化も目指すことができます。

 

新卒フリーランス④動画編集・映像編集

新卒からでもフリーランスとして活躍できる職種4つ目は、動画編集・映像編集です。

 

近年はZ世代を中心に、TikTokを始めとした「動画SNS」が流行をしており、動画編集・映像編集ができる人材の価値も高まりつつあります。

 

ただその反面、気軽に動画編集や映像編集ができるサービスも増えており、誰でも気軽にクリエイターとしてスタートをすることが可能に。

 

競合性も高い市場になるので、より専門的なスキルや経験が重要となる職種ともなっています。

 

新卒フリーランス⑤SNSマーケター(SNSコンサル)

新卒からでもフリーランスとして活躍できる職種5つ目は、SNSマーケター(SNSコンサル)です。

 

見込み顧客の獲得やユーザーへの情報発信などを目的に、SNS活用の重要性が叫ばれており、多くの企業でSNSマーケター(コンサル)が求められています。

 

InstagramやTwitter、TikTokなど、SNSの運用方法を熟知し、その発信力を高められる人材は、市場においても高い評価をされ、フリーランスとしても活躍の場を広げることが可能と言えるでしょう。

 

【職種別】新卒フリーランスが案件を獲得するために利用すべきサービス

本章では、新卒からでもフリーランスとして活躍するために利用をすべき案件獲得サイトをご紹介します

  • 総合型案件獲得サービス
  • エンジニア向け案件獲得サービス
  • デザイナー向け案件獲得サービス
  • ライター向け案件獲得サービス
  • 動画編集・映像編集向け案件獲得サービス
  • SNSマーケター向け案件獲得サービス

 

順番に詳しく解説をいたします。

 

新卒フリーランス向け総合型案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべき総合型案件獲得サービスをご紹介。

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

複業クラウド

複業クラウド」は、株式会社Another worksが運営をする総合型の案件獲得サービスです。

 

全職種の案件に対応をしており、エンジニアやマーケター、営業とったビジネスサイドの案件から人事や経理・法務などバックオフィスの案件まで、19,000件以上の求人を掲載しています。

 

企業と直接契約を結ぶこともできるので、中間マージンの搾取もなく契約金の全額を受け取ることができます。

 

複業クラウド公式サイト:

https://talent.aw-anotherworks.com/

 

 

Workship

Workship」は、株式会社GIGが運営をする総合型の案件獲得サービスです。

 

デジタル領域を中心に、デザイナー、エンジニア、マーケター、編集者、人事、広報などさまざまな職種の案件を2,000件以上取り扱い。

 

副業・フリーランス初心者のために、エージェントのサポートやWorkship上で契約書の締結を結べるなど、手厚いサポートも受けることができます。

 

Workship公式サイト:

https://goworkship.com/

 

 

クラウドワークス

クラウドワークス」は、株式会社クラウドワークスが運営をする総合型の案件獲得サービスです。

 

データ入力をはじめ、ライティングやロゴ作成、アプリ開発など、あなたのスキルに合った案件を探して応募することができます。

 

案件の単価は低めですが、実績やスキルを身につけるためには最適なサービスと言えるでしょう。

 

クラウドワークス公式サイト:

https://crowdworks.jp/

 

 

 

新卒フリーランス①エンジニア向け案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべきエンジニア向け案件獲得サービスをご紹介。

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

レバテックフリーランス

「レバテックフリーランス」は、レバレジーズ株式会社が運営をするエンジニア向けの案件獲得サービスです。

 

Web業界・技術に精通した専門のエージェントがあなたのスキルや経験に合った案件を紹介。

単価交渉や契約関連もエージェントに全てお任せできるので、面倒な手続きも必要ありません。

 

エンジニアスキルを活かして、新卒フリーランスとして活躍をしていきたい方は、まず登録をしておいてほしいサービスとなっています。

 

レバテックフリーランス公式サイト:

https://freelance.levtech.jp/

 

Midworks

Midworks」は、株式会社Branding Engineerが運営をするエンジニア向けの案件獲得サービスです。

 

フロントエンドからデータベース、インフラなど幅広い分野・工程の言語の案件を3,300件以上掲載中。(2022年7月現在)

 

Midworksは、手厚いの保証が受けられると評判のサービスで、給与保障制度や保険料の50%負担など「正社員並み」の保証を受けることも可能です。

 

Midworks公式サイト:

https://mid-works.com/

 

 

新卒フリーランス②デザイナー向け案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべきデザイナー向け案件獲得サービスをご紹介。

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター」は、レバレジーズ株式会社が運営をするデザイナー向け案件獲得サービスです。

 

デザイナーに特化をしたエージェント型のサービスで、単価交渉や商談対策など徹底したサポートが受けられると評判のサービスとなっています。

 

登録者数20万人以上、常時案件1,000件以上と高い実績も誇るので、安心してサポートが受けられるサービスと言えるでしょう。

 

レバテッククリエイター公式サイト:

https://creator.levtech.jp/

 

クラウドテック

クラウドテック」は、株式会社クラウドワークスが運営をするデザイナー向け案件獲得サービスです。

 

場所を問わず働けるリモート案件を中心に取り扱っており、利用者の88%の方はリモートでの勤務を実施中。

 

週3〜4日稼働の案件も多数取り扱っているので、案件を掛け持ちしたい新卒フリーランスにもおすすめができるサービスとなっています。

 

クラウドテック公式サイト:

https://crowdtech.jp/

 

 

 

新卒フリーランス③ライター向け案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべきライター向け案件獲得サービスをご紹介。

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

ライターステーション

ライターステーション」は、全研本社株式会社が運営をするライター向け案件獲得サービスです。

 

業務は全てライターステーション編集部からの「直接発注」。

様々な分野の執筆依頼があり、案件が途切れることなく継続的にライターとしての活動を続けることができます。

 

編集部からのサポート体制も整っているので「ライティングスキルを高めたい!」という方にもおすすめのサービスとなっています。

 

ライターステーション公式サイト:

https://writer-station.com/

 

フリーライターのよりどころ

フリーライターのよりどころ」は、株式会社YOSCA運営するライター向けの案件獲得サイトです。

 

ライター未経験の方でも利用ができるサービスで、課題を通してライティング力を磨いて行くことも可能。

 

執筆をした記事は必ず「編集・校正」を受けることもできるので、自身の改善すべき課題感も把握をすることができます。

 

新卒フリーランスとして、ライターを生業としていきたい方は、自身のスキルを磨くためにも登録をおすすめできるサービスと言えるでしょう。

 

フリーライターのよりどころ公式サイト:

https://yoridokoro.biz/recruit/

 

新卒フリーランス④動画編集・映像編集向け案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべき動画編集・映像編集向け案件獲得サービスをご紹介。

【サービス名】

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

VideoWorks

VideoWorks」は、Crevo株式会社が運営をする動画編集・映像制作者向けの案件獲得サービスです。

 

動画広告や企業・サービスの紹介動画にとどまらず、テレビCMや街中の大型ビジョン放映など、有名企業の案件も掲載あり。

 

企業との「直接契約」が可能なので、高単価かつ継続案件も受注しやすくなっているサービスです。

 

VideoWorks公式サイト:

https://videoworks.com/for-creator/

 

新卒フリーランス⑤SNSマーケター向け案件獲得サービス

本章では、新卒フリーランスが利用をすべき動画編集・映像編集向け案件獲得サービスをご紹介。

【サービス名】

 

それぞれのサービスを順番に詳しくご説明いたします。

 

プロの副業

「プロの副業」は、株式会社ホールハートが運営をするマーケター向けの案件獲得サイトです。

 

デジタルマーケティング・広報PRの案件に特化をしており、週1〜/月10万円〜で稼働ができる案件も掲載中。

 

実務だけではなく、上流の事業戦略立案や新規事業開発に関われる案件もあるので、非常にやりがいのある案件を見つけることもできます。

 

プロの副業公式サイト:

https://profuku.com/

 

 

【まとめ】新卒でフリーランスになっても失敗しない方法

本記事では、新卒でフリーランスとして活躍をするために必要なスキルから案件獲得の方法までを解説してきました。

 

最後に改めておすすめの案件獲得サービスをまとめます。

 

新卒フリーランスに必要なスキルと経験を積んで、安定した案件獲得を目指しましょう。

-副業・フリーランス
-,