面接対策

面接対策アプリおすすめTOP3!完全無料で模擬面接が体験できるアプリをランキング形式でご紹介します!

 面接対策を1人で進めるには?
 模擬面接が体験できるアプリってある?

本記事では上記のような疑問を抱えているあなたに、

  • 面接対策の方法
  • 無料で利用ができる面接対策アプリのご紹介

を分かりやすくご説明をいたします。

 

面接対策ができるアプリを活用して、本選考でも役立つスキルを身につけていきましょう。

 

 

面接対策をする目的とメリット

本章では、「面接対策を行う目的とメリット」についてご紹介をいたします。

 

面接対策を行う目的とメリットは大きく分けて2つ。

【目的とメリット】

  • 面接本番で落ち着いて選考に臨めるようになるため
  • 他者からの評価・見え方を確認できる

 

順番に詳しくご説明をいたします。

面接本番で落ち着いて選考に臨めるようになるため

面接には、基本的な流れとマナーが存在をしています。

また聞かれる質問も決まっていることが多く、事前の準備が合格の成否を分けることは間違いありません。

 

【事前準備で必要な面接対策】

  • 面接の大まかな流れの理解
  • 面接時のマナーの理解
  • 頻出質問に対する回答準備

 

面接本番で慌てないためにも、事前の対策にて必要な準備を整えておくようにしましょう。

 

面接での頻出質問はスプレッドシートにてまとめていますので、以下よりご参考ください。

 

面接頻出質問集へ

 

他者からの評価・見え方を確認できる

面接対策を行う目的は、他者からの評価・見え方を確認するためでもあります。

 

どれだけあなたが「この面接は渾身の出来だ!絶対に合格した!」と思っていても、評価をするのは面接官であり、あなたではありません。

 

面接対策を行う際は、必ず他者(第三者)を含めた面接練習を行っておくことをおすすめします。

「声の大きさ・姿勢・マナー」などは、自身の評価と、他者から見た評価が乖離することも多いので注意が必要です。

 

面接対策を行う際のポイント

本章では「面接対策を行う際のポイント」をご紹介いたします。

 

面接対策を行う際は、2つのポイントをおさえておく必要があります。

【面接対策で抑えるべきポイント】

  • 面接での頻出質問の回答をおさえておく
  • 面接本番と近い服装・雰囲気で対策に臨む

 

順番に詳しくご説明をいたします。

 

面接での頻出質問の回答をおさえておく

面接の頻出質問としてあげられるのは、就活3大質問と言われる「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)、自己PR、志望動機」です。

 

ガクチカ質問例

  1. 学生生活では何に一番力を入れて、そこで何を得ましたか。
  2. サークルまたは部活動でどんな活躍をしましたか。
  3. 卒論のテーマについて述べてください。
  4. 学生時代に取り組んだことについて、なぜ取り組んだのか教えてください。

 

自己PR質問例

  1. 自己紹介をして下さい。
  2. あなたの強みとそれを表す具体的なエピソードを教えて下さい。
  3. あなたは周囲よりどのような人と言われることが多いですか。
  4. あなたの長所と短所を述べてください。

 

志望動機質問例

  1. 弊社を志望した理由をお答え下さい。
  2. あなたのキャリアプランを述べてください。
  3. 企業選びの軸について教えて下さい。
  4. 他にはどのような業界・企業の選考を受けられていますか。

 

この就活3大質問は面接でも必ず問われるので、事前の準備をしておくようにしましょう。

 

以下スプレッドシートでは、頻出質問をまとめていますので、あなたの回答を記載しておくことで、後の面接にも役立てるはずです。

 

面接頻出質問集へ

 

面接本番と近い服装・雰囲気で対策に臨む

面接対策を行う際は、できる限り本番に近い服装・雰囲気の中で対策を行うと良いでしょう。

 

普段の実力を発揮するには、できる限り本番に近い形での面接対策をしておくことが重要になります。

 

面接の本番は、志望度が高い企業であるほど、どんな人でも緊張をしてしまうものです。

 

できる限り本番と近い環境で面接練習を積んでおくことで、当日の緊張を和らげることが可能なので、対策は本番さながらの雰囲気で臨めるように準備をしていきましょう!

 

面接対策を行う際の注意点

本章では「面接対策を行う際の注意点」についてご説明をいたします。

 

面接対策を行う際に注意すべきポイントは以下の2点です。

【面接対策を行う際の注意点】

  • 回答を丸暗記しない
  • 1人ではなく、何度かは他者も交えて対策を行う

 

順番に詳しく説明をいたします。

 

回答を丸暗記しない

面接対策では、各質問に対しての回答を日々ブラッシュアップしていくことが大切です。

 

しかし、回答を丸暗記することはおすすめはできません。

 

面接はあくまでも、あなたの「熱意」や「意欲」を伝える場であり、暗記した内容を発表する場ではありません。

 

丸暗記をしてしまうと、回答がその場で出てこなかった際にパニックに陥ったり、原稿を読んでいるだけの回答になったりと、あなたの良い点がうまく伝わらない可能性を含んでしまいます。

 

面接対策をする際は、質問に対しての回答を「伝えたいキーワード」のみを暗記して臨むようにすると良いでしょう。

 

1人ではなく、何度かは他者も交えて対策を行う

面接対策をアプリを利用して1人で行っておくことも重要ですが、本番前には何度か他者(第三者)も交えて面接練習をしておくようにしましょう。

 

自身で「面接対策は完璧だ!」と思っていても、あなたを評価するのは面接官であり、自己評価では足りない部分が必ず発生をします。

 

面接対策を行う際は、大学のキャリアセンターや友人に協力を仰ぎながら、第三者からの評価を受けるようにしましょう。

 

面接対策アプリおすすめランキングTOP3

本章では、実際に1人で面接対策を行う際に活用できるおすすめアプリTOP3をご紹介いたします。

【おすすめアプリTOP3】

  1. KnockKnock
  2. hanasel(ハナセル)
  3. 面接対策

 

順番にそれぞれのアプリのおすすめポイントをご紹介いたします。

KnockKnock

KnockKnock」は、面接対策アプリの中で一番のDL数を誇るアプリになります。

 

スマホの中で、面接官が機械言語にて質問を読み上げる機能や、あなたの回答を録音できる機能を実装。

 

新卒向けの質問を100問以上収録しているだけでなく、それぞれの質問の回答例も参考にすることができるため、面接対策を1人で行う際は必ずDLをしておきたいアプリとなっています。

 

KnockKnockはコチラ

 

hanasel(ハナセル)

hanasel(ハナセル)」は、本物の面接官が質問を読み上げる音声を収録しているため、一番リアリティ度が高い面接対策アプリとなります。

 

新卒向けの質問は30問程度収録されており、回答の録音機能も実装。

 

より本番に近い雰囲気で面接対策に臨みたい方にはおすすめのアプリとなっています。

 

hanaselはコチラ

 

面接対策

「面接対策」は就活の面接に特化して作成をされた面接対策アプリです。

 

画面下の方に小さな広告が表示されるのみで、使い勝手がよくおすすめのアプリとなっています。

 

収録質問数は50問程度で、機械音声による質問の読み上げ機能&回答の記録機能が搭載されています。

 

面接対策はコチラ

 

steach(スティーチ)

steach(スティーチ)」は、AIがあなたの話し方や表情を分析し、客観的に評価してくれる面接対策アプリです。

 

5つの観点を定量的に評価してくれるので、自身の苦手を可視化することが可能。

 

回答の録音機能や文字起こし機能も搭載されている、面接対策にはもってこいのアプリとなっています。

 

steachはコチラ

 

 

【まとめ】面接対策アプリを活用して選考の通過率UPを図ろう!

今回は面接対策に役立つおすすめアプリTOP3と面接対策の方法についてお伝えをしてきました。

 

最後に改めておすすめの面接対策アプリTOP3をご紹介します。

アプリ名 質問数 読み上げ 録音機能 広告表示
KnockKnock 約100問 機械音声 都度表示(画面全体)
hanasel 約30問 面接官の録音収録 広告なし
面接対策 約50問 機械音声 画面下部に常時表示
steach - - -

 

面接対策を徹底して、自信を持って面接に臨めるように準備を進めていきましょう!

-面接対策
-

© 2022 就活推進部 Powered by AFFINGER5